大阪の洋酒専門店千雅です。

<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 目がかゆかゆの春。 | main | オタク的梱包術。 >>
とりあえず〇〇をやめる

こんばんは。洋酒専門店千雅のやまもと(嫁)です。

 

夕暮れ時になると考えるのは、「今日は何を食べて、何を飲もうかなー」ということ。夜、寝る前に考えるのは「明日の朝ごはん何食べようかな」ということ。他に考えることないんかいってぐらい、食べ物と飲み物を想いながら生きてます。たぶん食に対して超真剣だった母の影響が大きいのだと思います。例えば、実家にいた時の朝ごはん。パリに行った気分のクロワッサンとカフェオレセットとか。炊きたてのごはんとお味噌汁、焼き魚の旅館の朝食風セットとか。カフェオレを飲むときは絶対このカフェオレボールってかんじで器も真剣に選ぶ。美味しくて、スタイリングもいけてて、とにかくごはんはワクワク楽しいのが当たり前。私にとってはごく普通のことでした。でも一時期そのことを見失ってしまった時がありました。それは出産した直後、初めての育児と仕事の両立が上手くいかず、もう自分のことどころではなくなってしまったのです。「自分のことは後回しにしなくてはいけない」と思い込んでいたので、とりあえず何でもいいから「食べる。」ことに。「自分が食べたいものを作って食べる」という大好きな時間はなくなってしまいました。(というか自分でなくしてしまったのだけど。)自営業の嫁はゆっくりごはんを作って食べるなんてことをしてはいけない。家事や子育ても放っておいてとにかく働くべき。まして自分のことなんてどうでもいいでしょ。って周りから言われている気がしてビクビクして過ごしていました。そんな状態で半年くらい経ったある日、夜中、体がやけどしたみたいにピリピリ痛くて目が覚めました。見ると全身にじんましんが。それから夜中になると熱が上がり、じんましんが出る毎日。10日くらいがまんしていたけど、ある日「こりゃあかん、まじめぶるの止めよ。」と。(早いな。)もともと私はそんなにまじめな人間じゃないので。てなわけで第一次暗黒時代はあっけなく終了。ずっとこのことは忘れていたのだけど、若いお母さんが育児で疲れてそうな様子を見ると思い出します。

もし今、自分のことを後回しにしてとてもしんどくなっていたら、とにかく自分の食べたいものを食べてみてください。毎日じゃなくても一週間に一度でもいいから。自分で料理したものじゃなくても。「〇〇のお弁当が食べたい。」「〇〇のサンドイッチが食べたい」でもいいので。私も「今日はインスタントラーメンが食べたい」とか「ファーストフードが食べたい」とかの日があって、そういう日は全力で買いに行きます(笑)。自炊でも買い食いでもどっちでも、なんでもいい。とにかく自分が食べたいものを食べる。そうすると美味しくて、ちょっとだけ楽しくなります。ホントに。

 

 

 

 


ホントお酒と全く関係ない話。読んでくださってありがとうございます。

 

メルマガ配信中です!登録してもらえるとうれしいです。

https://secure.shop-pro.jp/?mode=mailmaga&shop_id=PA01160889

COMMENT