大阪の洋酒専門店千雅です。

<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ビールとコラボのホップなお酒。

近年、人気上昇中のクラフトビール。作り方の違いやホップの特徴を生かしたものなど、国内・外で多くの個性豊かなラインナップが登場しています。そんなビールのテイストを取り入れた他のジャンルのお酒が増えているのもおもしろいところ。今回はそんなビールの雰囲気を取り入れたお酒をご紹介します。

 

グレンフィディック IPA エクスペリメント

グレンフィディックはスコットランドのダフタウンで製造されているスペイサイドウイスキーである。グレンフィディックとはスコットランド・ゲール語で「鹿の谷」の意味。ボトルに描かれた牡鹿のデザインでもおなじみのウイスキーです。 世界中で圧倒的なシェアを誇り、インターナショナル スピリッツ チャレンジで最も多くの賞を受賞したブランドです。そのグレンフィディックが実験的にチャレンジしたこのシリーズではオーダーメイドのIPAカスクでウイスキーを熟成。青リンゴ 洋梨 のアロマとフレッシュホップの穏やかな香りとほのかな甘さが長く続きます。人気ブランドの実力が感じられる風味のバランスの良さが絶妙です。

 

ティーリング スタウト カスク

アイルランドと言えば「ウイスキー」、そして「ビール」。ということで、

ティーリングディスティラリーと、ビールメーカー ゴールウェイベイ ブルワリーがコラボレーションで制作。スタウトブラウンビール樽での熟成により、香ばしいカカオやキャラメルのような香りの新しいタイプのウイスキーが誕生しました。

http://youshuchiga.shop-pro.jp/?pid=134525515

 

こちらは地元特産のホップをボタニカルに使用したニュージーランドのジン。

 

*そもそもホップとは?

アサ科カラハナソウ属。

湿気の少ない涼しい地域に生息するつる性の植物です。「球花」と呼ばれる雄株を麦汁に加えて加熱することでホップ由来の苦みと爽快な香りが生まれるのだそうです。日本では古くから北海道、海外ではアメリカ ドイツ 中国などでも栽培され、その品種はなんと100種類以上!

そんな中、貴重品種も多く、近頃、人気なのがニュージーランドのホップ。フレッシュホップジンはそれぞれ異なる4種類のホップを使用しています。

 

フレッシュホップジン 1st cut リワカ

グレープフルーツのような柑橘系の香りを持つリワカをボタニカルに使用。

http://youshuchiga.shop-pro.jp/?pid=133238128

 

フレッシュホップジン 1st cut ネルソンソーヴィン

「白ワインのような香り」とも言われる、フルーティな香りのネルソンソーヴィンをボタニカルに使用。

http://youshuchiga.shop-pro.jp/?pid=133238091

 

フレッシュホップジン 1st cut wai-iti

桃のような果実感とパッションフルーツのような南国のエキゾチックな香りをもつwai-itiをボタニカルに使用。

http://youshuchiga.shop-pro.jp/?pid=142558487

 

フレッシュホップジン 1st cut mtueka

メロンやライムのような香りの中にペッパーのようなアクセントもある個性的なアロマのmtuekaをボタニカルに使用。

http://youshuchiga.shop-pro.jp/?pid=142558479

 

 

ミッケラー ドライ ホップ シトラ

クラフトビール界の巨匠、ミッケル ボルグ ビャーウス。彼が手掛けるミッケラーは世界中に熱狂的なファンを持つカリスマ的ブランドです。そのミッケラーがホップを使用して作ったのがこのお酒。上質な冬小麦から作られたハンドメイドウォッカ。蒸留後にシトラ ホップで風味付けしています。柑橘系の爽快な味わい。

http://youshuchiga.shop-pro.jp/?pid=68727886

 

千雅オンラインショップ

http://youshuchiga.shop-pro.jp/

 

大阪の洋酒専門店 千雅 実店舗

546-0023

大阪市東住吉区矢田4-8-10

06-6698-6414

営業時間11:0018:00

定休日 日・祝日

 

JUGEMテーマ:酒類情報発信