訳分からんビール

 

洋酒専門店千雅のやまもと(嫁)です。

 

当店は洋酒専門店です。店内にはテキーラ、ラム、ジンなどのボトルがずらりと並んでおります。

・・・がけっこうクラフトビールもあるんですよ。けっこうっていうかだいぶある。

いつの間に、こんな増えたんかな。あんまり覚えてないけど、当初はお得意様のご要望で取り寄せしてみたり、自分で勝手おいしかった商品を仕入れてみたり、そんなかんじで店の冷蔵庫はクラフトビールしか入れてません。たまに近所のおっちゃんが入ってきて「なんや訳の分からんビールばっかり」ってちょっと怒って出て行きますマジで。まあ怒られても全く気にしてないねんけど。

クラフトビールとは小規模なブルワリー(醸造所)で職人さんが作っているビールのこと。

 

 

ビールを大きく2種類に分けると、ラガータイプとエールタイプ。

ラガータイプは酵母酵母を用いて10度以下で下面で発酵させたビール。現在、日本国内に流通しているビールの9割はこのラガータイプなのだそうです。すっきりとした後味とのごごしの良さが魅力のラガータイプのビール。まさにビールのCMでよく見かける、「くーっ!」って飲んで「プハー」みたいなの。すっきり感が特徴です。

 

エールタイプは酵母を用いて20度前後の温度でタンクの上面させたビール。グラスに注ぐと、りんごのような華やかな香りが広がります。海外ではこちらのエールタイプの方が一般的なのだそうです。

 

さらに焙煎した麦芽と苦みの強いホップを使ったビール「ポーター」や,苦みが少なくフルーティな小麦ビールのヴァイツェン、ライトでアルコール度数も低めなピルスナー、対照的にどっしりした味わいのデュンケルなどなど・・・。さらに燻製ビールや、りんごの発泡酒であるサイダー。そのサイダーにもさらにバジルの風味がプラスされているものもあったりと、とにかく

クラフトビールはバリエーションが豊富!その日の気分やごはんに合わせていろいろ選びながらお気に入りを見つけてみたり。

パッケージのデザインがかっこいいので最初はジャケ買いもおススメです。カラフルな缶のビールが冷蔵庫に入っているだけでも楽しくなりますよ。あげ矢印

 

Instagramのアカウントchiga_osaka_beerにビールの最新入荷情報をUPしています。(たまにビールとは関係ないスケボーの話)

 

 


 


洋酒専門店千雅のメルマガ配信中です。

登録してもらえるとうれしいです。

https://secure.shop-pro.jp/?mode=mailmaga&shop_id=PA01160889

 

 

 

 

JUGEMテーマ:ビール